申し訳ないのですが嫌な工務店の仕事を断った話。

雑記

こんにちはフライパンです。

コロナ禍でみんな仕事が薄い中、申し訳ないのですが、どうにも嫌な仕事を断った話です。

こちら1人で仕事をこなしている建築屋さんです。見積から現場管理、大工工事までやっている方なのですが、とにかく細かくて気難しい。私は仕事を頼まれてから7.8年付き合ったでしょうか。仕事をいただいた当時、他の協力業者の方より難しい男だから気を付けなよなどと言われましたが、‘‘仕事がない‘‘よりはありがたいなどと、書くと怒られるかもしれませんが、本当にそんな気持ちで仕事をしておりました。

  内容的にはほとんど施工費・諸経費のみくらいで儲かるということはないという内容ですが、この大工さんからすると私は高かったんでしょうね。金銭面でも比較的細かいことを言ってくる方でもありました。私の仕事量は年間数十万円というところだと思います。

 

 

私が仕事をやらせていただいている間に変わった業者は数知れず、思い返せば私が初めて工事をやらせていただいてから知っている限りで、塗装屋さん 電気屋さん 板金屋さん 左官屋さん 設備屋さん 大工の応援の方 土木と水道屋さんに至っては3社づつ変わっております。

「あいつクビにするかな」が口癖のような方ですね。

 

 

何が細かいってすべてが細かいのですが現場に関してもとにかく細かい。もっとも私も現場の納めに関しては細かい性格ですのでこの部分に関しては文句を言われたことはなかったです。お客さんへの対応などで怒られていた方もいましたが、私自身はこの辺りもやはり何も言われなかったです。むしろ対応が良くて助かるみたいなことを言われていました。

この大工さんお客さんからすればとても良い大工さんでしょう。お客さん第一主義です。

 

  

 

もともと至って普通な業者さんが変な仕事をしだしたり、お客さんへの対応が悪くなっていくのは、やはり親方や棟梁、はたまた社長にたいして、ある程度この人のためにとかこの人に迷惑をかけないようにと思う気持ちがないとやっていけないのではと思います。

 

 

私の場合はもともとそういうところで「他の業者ではつとまらないでしょ。やってやってるんだよ。」という気持ちが強くなっているところに、現調・見積を提示した際、「高い!他の業者からも見積もりを取るから、他の業者と会う約束もした。」という内容を結構な剣幕で言われたにもかかわらず、数日後、別現場の㎡数を言われ単価を教えてくれと。

その時点で「はい??」みたいな別の業者と会ったんでしょ??

 

 

でね、こちらの現場、見積時に言われていた㎡数より多い㎡数で施工し(正直ほんと大変な現場でした。)請求するにあたり金額について、きっとこの人、グズグズ言うだろうからと見積もり通りに請求した所、消費税分カットしての振り込みをされ、これでもう私の気持ちはポキッと折れもう無理となりました。

 金額面については確認しても良かったのですが、確認する気になれないのはすでに信頼関係はなくなっているからですね。仲の良い方ならそもそも「悪いけど今回厳しかったからこれだけにしてくれないかな?」といわれれば私は概ね了承致します。

 

 

黙って金額を減額してくるくらいなのだから、これでもう仕事は来ないかな。それこそ口癖の「あいつクビ!」でしょと思い、なんか気が楽になったなぁと思っていたところ、まさかの仕事以来がSMSで!??

 

 

まだ仕事くれるんですか??しっかりお金くれないのに??

もう、この人の仕事いいんじゃね?・・・

気が滅入るし、付き合うのも疲れるのでもういらない。

そんな気持ちが強くなりすぎました。

 

 

 

おそらく、もうこのまま続けても、もめることになったでしょう。嫌々やってもきれいな仕事はできませんし、お客さんにも失礼だと思います。この建築屋さんに対しても敬意は払えないので対応に絶対現れます。

 

 でねどうやってやめようか。??無理な話ですが、なるべく当たり障りなく敵を増やさないように確実にやめたいわけですが、どっちこっちやめると言えば向こうは面白くないでしょう。いつもはクビにする側ですがこちら側からやらないというわけですので。

 

 

だからと言ってガン無視もどうかと・・ほんとはね、文句を言って「もう2度と電話かけてこないで。」と言いたいところですがさすがにそれは・・・応援に来てくれた人の話を聞くと結構みんなやめる時って、すごいやめ方してるんですよね。さすが職人。(笑)

 

 

 

家内に言われネットでビジネス的なやめる文章を探し出し名前を〇〇工務店とフライパン内装に直して文章をちょこっといじり仕事をしない意思をはっきり表示して郵送。

 

その後なにもアクションありませんので私自身のなかでは一件落着かと。

気が合わない人、嫌な人の仕事もやらなければならない時もありますが、これがずっと続くと考えるとストレスが溜まって自分の方が壊れちゃうよねという結論に今回は達しました。

 

 

やめるにあたり、「年間数十万円の売り上げが減るということ」が葛藤にありましたが、利益率を考えると応援に行っていても変わらない金額だなということ。コロナ禍で仕事が薄くなり、みんなが比較的忙しくないと言っているこの時世、子育て、生活のことを考えると小さい金額ではない??などと迷いがなかったわけではありませんが、一度折れた心を元に戻すのは私には無理でした。

 

ひとつ思うところがあるのですが紹介してくれた人には一言、伝えた方が良いかもしれません。私の場合は紹介してくれた方がすでに辞めさせられてしまったということ、その方も年であまり仕事をしなくなったということもあり、伝えませんでした。

 

贅沢言ってすみません。今後また仕上げ面、お客さんへの対応面がんばります!

また少なくとも数年間はお世話になったことへの感謝も心に残しておきたいと思います。

 

 

それではまた。

 

コメント

  1. あともも より:

    やっていたんですねェ- こちらでシコシコと。廃業したかと思いましたよ。
    亡くなったと噂も聞かなかったし(笑)

    ちなみに私事ですが、超苦痛な某社取引やめて胃痛が治りましたよ。
    連絡くると、ひたすら忙しくて職人さん手配できましぇ-ん。

    そのうち連絡来なくてルンルンです。

    やめましょうイヤな相手と残業は…

    • フライパン より:

      あとももさん>>
      コメントありがとうございます。
      お互いみんな他人なのでなかなかわがままも出ますし難しいです。

      やめましょう いやな相手と 残業は・・

      五七五ですか(笑)

タイトルとURLをコピーしました