長い天井をレーザーでまっすぐ張ろう

クロス工事

こんにちはフライパンです。

9mの天井15巾くらい貼ってきました。

複数の業者が入り混じっての作業でなかなかの現場でしたが、いつも助けていただいておりますIさんの頼みでしたのでがんばりました。Iさんにはほんとお世話になってます。助けてもらってばかりですので恩返しです。ここ最近腰痛がひどいんですがね。( ̄∀ ̄)

 

パテもやったりで終了時刻は20:30でした。もちろん17:00にIさんは私に帰れというのですが、そういうわけにはいきませんよ。私は明日は行きませんが、明日は定時頃には終わると思います。しんどかったです。元請けのIさんは私が行く前2日間夜中の12時回っての作業とのことでした。私でしたら泣きが入ってもっと応援呼んでますね。(;゚Д゚)

 

 

本題以前にも書いたかもしれませんがこういう長い天井を張るとき、複数人でクロスを張ろうとすると人それぞれクロスのかけ巾が違うので曲がることが多いですね。それを予防するために以前はよくマスキングを貼って施工していましたが最近はレーザーという優れものがありますので(レーザーは昔からありますね。(;^_^A  )レーザーを活用するとかなり早く簡単に貼れると思います。

慣れるまでレーザーで墨の位置を出すのに苦労するかもしれません。天井に十字で出すのがポイントです。 

レーザーの位置はこれから張るクロスの耳の位置に合わせても良いしジョイント切る位置にレーザーを当てて1cmくらい耳を出して張るのも良いと思います。

今回は長いのですべてこれから張るクロスの耳の位置に合わせてレーザーを設置していきました。

ただ9m・・・すべてをビッチり合わせようとすると、しわが寄ったりしますので5mくらいまでレーザーの墨で貼ったらあとは自然と空気を逃がしていけばよいのではないかと。無理やり合わせようとするとシワが逃げなくなったりしますね。二人の息が大事です。(^^♪

 

曲げたくないような材料の場合、私の場合ですが一人だと3.64mくらいでも使ったりしています。このやり方私の周りは結構やっています。ひろめたの私ですよ。( ̄∀ ̄)

ちなみに今回レーザーとともにMVPがこの台馬です。最高でした。Iさん何年も前から持っていて今回初めて使用したということでしたが広い現場だと最高ですね。私も欲しくなりましたがやっぱりここまで広い現場そうそうないですね。(;^_^A

【一部送料無料】ピカコーポレーションアルミ合金製足場台DWV-SX90A 脚アジャスト&天端スライドタイプ

 

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました