一日で事務所の改修、大工さんペンキ屋さんクロス屋さん計10人での作業

クロス工事

こんにちはフライパンです。

いやぁ昨日は大変でした。ひとまず7:30頃には現場着で打合せから。

想定外、当初の作業予定を変更

当初は概ねですが下図、クロス屋さんは左上から作業を進めて塗装屋さんはみんなと絡まないところから作業を進めてくれという感じでの作業という話でした。大工さんはど真ん中でとにかく作業完了しないと塗装屋さんはできません。

緑の壁がクロス施工部 

赤が大工さん 

青の壁+クロス絡み含め天井すべてが塗装屋さん

 

朝の話し合いで急遽、塗装屋さんにクロス絡み巾1m程度、先に塗ってもらうことにさせて欲しいと監督からの提案です。すぐに塗れるからと。(塗装屋さんからの提案ではなく、監督からの提案です。)

 

クロス屋さんはみんな8:00前には着いていたのですが、待つことに。

それならばみんなの集合を遅らせればよかったかなぁと、すぐに思いました。理由は後述します。

 

応援の方のイライラが止まらない

ひとまず養生はみんな入り乱れてしまして、他のクロス屋さんは待つことに、手元作業の一人だけ申し訳ありませんが糊付けをお願いしました。その間、昨日トラブりましたボルトもうまい事、復旧できました。(この話は後日)

 

ボルト復旧が9:00頃には完了しましたので、それから待つわけですが他のクロス屋さんとの相談でこれは時間かかるよ(待ってる時間ではなく、クロス施工の作業のことね。)とみんな言うわけです。理由は切込みがあり、施工ヵ所がかなり細かいのです。さらに荷物も結構あるので作業の進みが全く読めない。そうですよね。わかってますよ。ですので私含め4人です。そんなこんなでクロス屋さんが待っていると

塗装屋さんの休憩でクロス屋さんのイライラに火が

塗装屋さんが9:30頃、なんと休憩を始めました。これは私も気付かなかったのですが、いつ休憩を始めたのという感じ。これに一人のクロス屋さんが怒り出します。(いや、まーそりゃ普通は怒るよね。せめて私共の施工ヵ所を少しでも作ってから休憩して欲しい。)まーまーとなだめて監督さんに塗装屋さんに作業を早く進めて欲しいと伝えます。伝える以前にも何度となくと厳しい状況ですので私共に早く作業をさせて欲しいと伝えてあるのですがね。(;^_^A

そもそも一人の応援の方は塗装屋さんの段取りに最初から不満が溜まっていました。とにもかくにも養生をみんなでしているのですが、クロス絡みの養生をとにかくやって一人くらい塗り出せば良いじゃないかと。確かにそう思う。そう思うのだけれど、あんまり言えないよね。

 

 

15分後くらいかな、作業を始めてくれたのですが今度はクロスと全然関係ないところを塗りだし、え??って感じ、(いやいや少しでもクロスの所を塗ってくださいよ。)さすがに私も目が点になり、「こっちから塗ってもらえませんか。」と。この場にいると、どうにも他のクロス屋さんがイライラしだしますので外に出てもらってもうしばらく待ちますと、作業できますよとの声が、すでに10時すぎです。私としては朝、聞いた時点でこのくらいになるかなと想定の範囲内。しかしながら、2時間待っていたということ。これは他の職人さんはイライラするのも無理はありません。

みんなの立場を考えるとあんまり言えないけど

そう先ほどのみんなの集合を遅らせればよかったかなぁの理由がこれね。待つのはみんなイライラします。特に急遽、仕事の待ちが出ると落ち着かなくなるわけです。もっとも人柄や性格によるとは思いますが、大概の人はイライラしだすのではないでしょうか。

最初から作業ができるのが10時過ぎだから、その頃来てねとなっていればクロス屋さんはイライラせず気持ちよく作業できたのではないかと思います。

 

ちなみに私はこういうことにはあまりイライラしません。じゃどうするかなと次のことを考えます。

そもそも仕事を依頼する側の気持ちを考えると、仕方がないと思います。ペンキ屋さんにも一服するなとは言えないだろうし、ペンキ屋さんの親方も応援連れてきていれば応援の方に少し一服しようというのもわかる。(私なら、他の業者が待ち状況でしたら、作業を進めますけどね。)

 

 

作業開始

さて作業を始めますと案の定?ペンキ乾いておりません。まー天井だけですからいいです。天端を突き付けて張って後からコーキング打ちましょうと。 

もうね、どうしようもないので。

最後に塗装屋さんにダメ回りをしてもらいました。こういうことを頼むことにもなるのですからうまく連携を取りたいわけです。

 

ほぼ作業完了前の写真です。写真を撮る余裕がなかったですね。

大変なところが写ってないのですが実際はかなり細かい切込みがあったんですよ。

そんなこんなでしたが、大工さんは11時頃かな。ペンキ屋さんは15時30分頃、作業完了で帰っていきました。私共は張り終えたのは15:30頃でしたが、それから外したものや荷物の復旧です。それから養生撤去と掃除荷物の片付けなんだかんだでそれでも17:00前に終われました。あー良かったです。

 

今回の反省をするならば、

クロス屋さんの応援は10時集合にすればよかったかな。

前もってもう少し綿密に打合せをしたほうが良かったかもしれません。(ただ初対面の塗装屋さんだったため、また現場の状況も荷物はいっぱい歩くスペースもままならない状況というためある程度作業を進めてみて判断するしかないなと思っていました。)

日程をバッティングさせない。監督の移行でしたので致し方ないところはありますが、私なら塗装屋さんとクロス屋を同じ日に同じ場所での作業は組みません。

塗装屋さんとクロス屋さんが顔見知りとか連携が取れる人でチームを作る。(今回は初対面でしたので、お互いの動きも読めない。(作業スピード作業手順一服の有無、時間等))

応援のみんなが来てくれて良かったです。

がすべてですね。

それではまた。

コメント

  1. 大阪大家 より:

    こんにちは!
    ごった返しの現場で予定変更もありながら17時には終わらせられる段取力には脱帽です。。。大工、塗装、クロス、荷物、狭い、もう聞くだけで逃げたくなります(笑)

    関係ありませんがダメ回りという言葉はじめて知りました、便利な言葉を知れました!

    今後も参考にさせていただきます!

    • フライパン より:

      大阪大家さん>コメントありがとうございます。
      17時に終わったのはたまたまと、みんなの頑張りのおかげです。
      できる限り1日で作業を終えたかったということ、また切込みが細かいということ、荷物があるということ含め時間が読みにくかったこと、当初より残業もあまりしないで欲しいというようなことも言われておりましたもありましたので少しゆとりも見てありました。結果的には良かったわけなのですが、皆さんにも必死で仕事をしていただき、私としてはちょっと申し訳ない感じでした。

      ダメ回りという言葉は私が住んでいる地域ではおそらくみんな使っております。ダメが出ちゃったよ~とか、ダメまわっといてねとか、という感じでしょうか。お客さんからのクレームではなく、監督から指摘された場合や自分たちで気付いた変なところを示す言葉ですかね。

タイトルとURLをコピーしました